スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスナ@着替え中! ~其の二~

どうも、陸皇さんです。

今年の一月で還暦を迎えた上司の乗っているバイクはハーレー
なのですが、そのバイクに取り付けてある風防にはヒソカが貼ら
れています。私がステッカー等切り始めて少ししたくらいでしょう
か?

K上司「なあ、ヒソカのステッカー作ってよ。ハンター×ハンター
     好きなんだよ」

って言われて2つ返事で了承してさしあげました。
このブログでも紹介したあのヒソカです。
で、上司は歳がいってるせいか、冬は寒いので当然バイクで
通勤してこなかったのですが、この間は3月下旬並みの暖か
さだったせいか、たまたまバイクで通勤していたので思わず
パシャリと写真を撮りましたw

DSC_0257.jpg
赤○で囲ってある所です。

すごいよね!
還暦の方だよ?プチ痛バイクだよ?若いな~と陸皇さんは
しみじみと思いましたよ。
んで……。そのバイク通勤してきた日の休憩時間の事。
K上司が私にこう言うのです。

K上司 「最近さ、『七つの大罪』ハマッててさ、あれ面白いよ
      ね!でさ、ヒソカ飽きたから今度は七つの大罪でス
      テッカー作ってよ」

陸皇さん 「いやいやいや、ヒソカ貼ってまだ2ヶ月位しか経っ
       てないでしょう?もう少し貼っておきましょうよ!
       ってか、1枚切るのでもそれなりに労力いるんです
       からね!」

──と、こんなやり取りがありましたw
いや、繰り返すけど、ほんと若いよな~……。っていうか、ア
ニメに寛容といいいますか、すげ~よK上司。
ちなみにこのK上司。私が勧めたわけでもなく普通に『まど
マギ観ていましたw
アニメを見る人とは知っていたのですが、せいぜいワンピー
スだとかハンター×ハンターとかその辺りだと思ってたんだ
けど甘かったw
でも、その割に『あの花』は知らなかったんだよなぁ。
K上司の趣味というか見てるアニメのジャンルがよくわから
んw



さて、それではアスナさんを剥いていく作業の続きですw
正直言いますと、昨夜はうっかり八兵衛が降臨したせいか
完成後の写真しか取れていません。一応、完成前の写真
は一昨日撮ったのが2枚程あるのですが、それ合わせて
も3枚と、かなり少ないでご了承ください^^;

DSC_0265.jpg
失敗したな~

で、昨日の記事で書いた通り、この段階で調子こいて切っ
て失敗した所があります。
手前のふくらはぎの影を切ってしまったんです……。
後はアレですね、ふとももの影。
ふともも切り抜いてから暫くして影少しでもいれときゃよか
った~と後悔しましたよ。

DSC_0269.jpg
違和感がはんぱない><

ここまでの写真が一昨日の進行具合です。
で↓の写真が昨夜完成させた完成後の写真です。

DSC_0270.jpg
手前はともかく奥の太ももの影は入れるべきだったなぁ。

クッションの処理と背景の木目の壁、髪の毛細部を修正、
ソファーの肘掛の部分を少しだけ修正。
大目に切った口と鼻をパージしてとりあえずの完成です。
切るたびに何かしら不満はあったのですが、今回の作品
は過去ダントツかもしれない。
次回作は気合入れなおしてがんばろ……。
っていうか、正しくは『次は嫌でも気合が入らざるおえない』
というべきなのだろう。って事で、今夜から取り掛かるので
ある程度切って写真が取れたらまた記事にします。


──次回予告──

引き続きお題はSAOⅡでステッカー。
さて、Ⅱともなればシノンかな?ユウキかな?いやいや、大穴
でエギル(バーのマスターver)かもしれないなぁw



──追記──
昨日の記事で難易度に少し触れましたが、この作品を
切り終えてから1つ気づきました。
確かにこの作品はカッティングに関してはそう難しくないと
思います。大雑把に切れるラインが多いので。だけど、ど
こを抜くかのか?残すのか?に関しては難しい作品だった
と言えるかもしれません。また1つカッティングの奥深さを
覗けた作品でありました。





スポンサーサイト

アスナ@着替え中! ~其の一~

どうも、こんにちは。
今日も今日とて眠い陸皇さんです。

オフ会が3月14日に決まりました。
すごく楽しみです。──が、少しは切っている作品なのですが、
依頼されてさしあげてしまった物、材料代のみで譲ったもの等
ありまして、当日までにある程度用意せねばと必死になってお
りますw
ま、それでクォリティが下がったんじゃ意味ないので持てる全力
で頑張っていくしかないですね。


先日ブラック羽川さんのアクリル痛を完成させてからどうしても
フィギュアの方が気になってしまい、ついカッっとなってポチッて
しまいました。
で、数日後。会社から帰ると小包が届いており、早速オープン!

DSC_0258.jpg
ばさ姉ぇぇぇぇっ!

人生初のねんどろ購入!
いや、開けてみてビックリしたけど、そこそこ大きいのね……。
もう1、2回り位小さいのを想像していました。
そして、各種パーツの多さ。
こんだけあるなら多彩なポーズが取れるのも納得です。

DSC_0264.jpg
ブラック羽川verもあればいいのにとおもったよ。

早速取りたいポーズを取らせるためにパーツを変えて台座に乗せる。
で、ランプスタンドに乗せたものの点灯しない(´・ω・`)
仕方ないので撮影の為に台座の下に10円玉をセロテープで貼り付け
てる事にした。
ちなみに台座の下は窪んでいるので、会社で使いきれなくなったエポ
キシが出た時にでも活用させてもらおう。
構想としては2/3エポキシを流し混んで埋め固める。アルミホイルをそ
の大きさに切り抜き、貼り付けてから残りをエポキシ流し込んで埋め
固める。そんな感じでしょうか?

DSC_0261.jpg
部屋の灯りを消して~~♪

さて、この暗がりでの撮影は何度も取り直しています。
手ブレとかはともかく、取り直す度に写し出された結果が異なるのが
面白いです。顔がLED光でつぶされてたり、顔の写りは良くなったの
に服のが部分的に暗めになってたりしました。
よくよく考えたら、光の拡散を利用してこのように映し出すのですから
若干角度が違うだけで見え方が変わるのは当たり前っちゃ、当たり前
な訳です。
うむ、これで完璧だ!
この後、色々なポーズを取らせて一通り遊んだ後は、スカートの中を
納得するまで覗き(ぉぃ)本日のお勤めに移ります。


さて、それでは前回に引き続(予告通り)き、ステッカーとなります。
お題はSAOより血盟騎士団の副団長こと、結城アスナ嬢。
正直今回は肌色成分が多め?なので前回ほど複雑ではなく、見比
べてしまうと見劣りしてしまうかもしれません。
ただ、ここ最近ようやく見てなんとなくですが、これは切りやすい。
だとか、切りにくい(仕上がりがちゃちい)絵ってのが解ってきたよう
な気がします。
さて、それでは元絵になります!

DSC_0249.jpg
ありがとうございます!これで明日もがんばれます!

さ、今日も張り切っていきましょう!
魅惑ポイントを目指して!
正直言って、手順はそうそう変わらないです^^;
なのでそろそろ作業で解説していく文を考えるのに四苦八苦してき
た感が……。

DSC_0251.jpg
小さなパーツを切ってから抜かずに大きめに切ってから抜いて行く
のはデフォになってきました^-^


で、先に白状しますと……。
前回に比べて難易度が下がり、思いっきり気を抜いてたせいで
切るべきではない所を思いきりぶっちぎって切ってしまい、正直
テンションだだ下がりになっております><
まあ、この時点ではミスらしいミスはまだないのですが。

DSC_0254.jpg
マザーズロザリオ編ではユウキにアスナを寝取られて、枕を濡
らしたのもいい思い出です(笑)
いや、いいお話だったけどね。


DSC_0255.jpg
なんか肌色成分多いと影が極端にあったりなかったりで、切るか残すか
判断に苦しむよなぁ。


背景が暗め(切り残す予定)なので、バランスとるために肌の影は思い
切って大幅に無くして行くことにしました。

DSC_0256.jpg
スプレー糊が今回極端に少なかったせいか、要所要所で剥がれて
無くなってしまっています。


今回は糊の塗布量が少なかったせいか、パリパリ剥がれてしまいナイ
フの持ち手で結構めくって千切れさせてしまっています。早い所適量の
散布ってのを覚えたいところですね。
さて、カットの進行はもう少し先まで進んでいるのですが、後半の記事
の分量を考えて今日はこの辺で!




──次回予告──

次回は気を抜きすぎて大っ失敗!
あぁぁぁぁあぁっ──!ここ切っちまった!
アスナ@着替え中! ~其の二~ で、お送り致します。





ステッカー2作目  名状しがたい信奈の野望

それでは本日2つ目の記事です。

突然ですが、私の好きな絵師に、みやま零さんが上位にいます。
いずれ痛バイク化させる予定の陸皇さんはハイスクールD×Dか織田信奈
にしよう!ってくらい好きな絵師さんです。
と、なれば当然やるでしょ?

やるっ!

そんな訳でやります。
あ~ちなみに……。なら、なんで今更なの?もっと前からやってもよかった
んじゃ?と、思うかもしれませんが、以前依頼で手掛けた姫島朱乃さん。
正直言うと、経験値ないのに手がけて後悔してるんよ。
だからと言って、今回はどうなのよ!ってことになるのですが、今回はちょっ
と自信というか勝算があります。実は前々からこのお題はやるつもりでいま
して、その頃からどこをカットするか?表現するか?っていうのを考えてきま
した。前回の羽川さんでも失敗はあったものの、少し自信がついたのと、3
月に入ればオフ会もあるってことで、少しでも作品作っておきたいな~って。

それでは、今回の元絵はこちらになります。

DSC_0227.jpg
動物物も混じってるだよ~

はい、なんか一気にレベルの高い作品ですねw
今回のステッカーはいつもの白いカッティングシートではなく、初の黒シート
で切って行く事になるんですけども、結論から言うと黒シートの方が個人的
に切りやすかったです。
たぶん視覚的な理由だと思うんですけど、白黒で明暗はっきりしてるせいな
のかな、イメージしやすかったです(透かしたとき)白だと、どうもイメージし辛
いというか、8bit脳にやさしくない感じ?
まあ、何はともあれ切っていきましょうかね。
あ~~そうそう。今回は始めから終了まで一気に記事を書き上げるのでかな
りのボリュームになりそうです^^;

DSC_0228.jpg
羽川さんでは悩みに悩んだ髪の毛の処理。でも信奈ちゃんはやり易いぉ。

顔の部分からカットし始めて、髪の毛へ……。
ブラック羽川さんの鼻のパーツがしょっちゅう遊びに行っていた事を踏まえて、
今回は鼻をカットした後に、その周辺を残す様に切って抜きました。
おかげで全て切り終わるまでパーツ探しを一切気にせずに快適に作業でき、
今後はこうやって作業して行こうと心に決める。

DSC_0230.jpg
透かしてみます。

アクリル痛に興味を持ち、実際にカットするまでの間、先駆者はどこから切っ
ていくのだろう?と疑問に思ってました。もちろん切る上で絶対ではないけど
基本があります。カット面積が少ない方から切っていく。顔だったら瞳の処理
だとか、眉毛と前髪に要所要所かかる肌の部分だとかetc……。
まあ、何が言いたいのかというと、前々回でどんな時にテンションあがる?
っていう話の続きといいますか、類似といいますか。
カットする上でどこでテンション上げたり維持したりしてる?って話ですw
で、上記のカットするお約束事っていうか、それ踏まえながら言うと、私の場
合は顔仕上げます。透かした時に(テンションMAX)このゲージを減らさない
ようにカットしていき、嫌な部分をカット(テンション下がる)次は顔や髪の毛な
どに隣接した部分を切り、透かす。(徐々にカット部分が増えてテンション盛り
上がる)こんな感じでテンション維持して切って行ってます。
で、私が思うに、カットが面白いのって、絵を描くのと違って、透かさないと仕
上がりというのかな、確認できないからある種ワクワク感ありますよね。
で、思ったの。絵描く人はS。カッティングする人はMだなって!

絵描き「おらおら、細かい描写してやンよ!」

絵描き「おぉぉ!いい仕事したぜ!ニヤリ」


カッティング「やめたげて~そんな細かいカットさせないで~私のはライフも
        う0よ!」

カッティング「ハァハァ……ハァ(透かして見る)ニヤニヤ……」

ね?Sっしょ?
ね?Mっしょ?

DSC_0231.jpg
ポニテをカット~

今回も例に漏れず、陸皇さんはテンションを維持できる切方をしているので
変な処から切ってるな~とか、思ったらテンション上げる為か嫌な部分を手
掛ける為かのどちらかです。なので、透かした写真を見てどちらか当ててみ
てねw

DSC_0234.jpg
透かしてニヨニヨ……。

さて、お分かりだろうか?
服が一切カットされてないんですよね。
つまり、嫌な部分がある訳ですよ!着物の重ね着の明暗処理?
NOだ!
それじゃ、ブラの部分?
断じてNOだ!むしろソコはテンション上がる所だろ!家紋だよ、
K・A・M・O・N!
肩から流れて隠れてる家紋の処理が細かくて嫌なの!
そうは言ってもやらなきゃ完成しないっしょ?
ごもっともです……。
じゃ、やりますかね。テンション上がる胸部の為に……(ぇ)

DSC_0235.jpg
家紋がしんどかった……。

あ~今気づいたんですが、あと30分で日付が変わる……。
本日とか言っておきながら日を跨ぐことになるかもですね。ご了承ください。
さて、家紋を切ってテンションが下がってしまったので、お待ちかねの胸部
いきますよ~~~!

DC_0237.jpg
肌色成分補給完了w それとリボンの内っかわ切り忘れてるねw

さて、透かして見たのでもうおわかりでしょう?
腰あたりの家紋が処理されず、腕が切られてるって事は、テンション上げる
為だって事に……。
しかし、この日はもう夜も更けていたので、寝る事にします。

DSC_0238.jpg
この日……っていうか今日はいい天気。透かしも蛍光灯ではなくお日様
を使うとしよう。


おはようございます。
腰切らせていただきやす!
と、気合を入れまして、刀の柄、残りの家紋を切ります。

DSC_0239.jpg
お日様の方が輝度が高いので透かすと黒シートがくっきりですね。

さて、ここまできました!
残るはいよいよ鷹のみです!
実は、この作品。金曜の夜明け前より出社するまで切り、帰宅後に再開
して、本日で完成。と、2日で上げてます。
自分的にレベルの高い作品にも拘らず、ハイペースで切れたと思うとこ
ろです。

DSC_0240.jpg
ここまで来るとテンション上げる術が限られるw

さて、この鷹も結構しんどい訳ですが、ここまで来るとテンションを維持する
ので精一杯で、後はこまめに透かして完成を待ちびつつ先テンションを維
持して先を進める他ありませんw
で、最後──。

DSC_0242.jpg
なんだろ。入念にどこ切るか考えてただけあって上手く切れた感じがする。

余分に切った鼻と腕の筋の部分を切り離して完成です!
この後皮を取り除き、クリーナー付着した糊を剥がせば真の感性となる訳
です。

DSC_0244.jpg
大満足の仕上がりです!その理由は、おまけで判りますw

さて、どうでしょうか?
個人的にいい出来になったと思います。
強いて言えば、家紋の一部と鷹の一部の計2か所が切れてしまったのが
残念ですが、失敗数が極端に少なくなったのを実感して着実に上手くなっ
ているのがわかり、嬉しくなりました。
ネコのプリント以外では、ちゃんとした動物系は初めてなので少々ビクつい
ていた部分もあったのですが、無事切り終わってホッとしてます。
オフ会までの間は他の趣味を少し後回しにして、作品作りに専念かな?
さて、次回のお題も恐らくステッカーになると思います。

それでは、日が跨いでしまいましたが本日最後の記事はこれで終了!
ラストはおまけで〆させてもらいます。

──では!




~~おまけ~~

DSC_0243.jpg
初めてこんな綺麗に皮がとれたよ!




アクリル痛4作目 ブラック羽川さん ~其の三

さてさて、予告通りアクリル痛完成しましたので
記事の方をアップしたいと思います。
前回の記事で次回の記事がペラくなる為にあそこで切った訳ですが、やはりペラくなり
そうです。
最初は次の作品の前半でも載せようかな~とも思ったのですが、それだとカテゴリ的に
増やさないといけなそうだったので止めることにしました。
その代わりといってはなんですが、今回の記事が薄くなる代わりに、本日2つ記事をアッ
プしたいと思います。
折角ストックあるんだからやめとけば?という囁きも聞こえてこなくはないのですが、ネタ
は新鮮な内にお出ししろってばっちゃが言ってたから私もそれに倣うことにしますw
それでは、アクリル痛の続きをどぞ~

DSC_0245.jpg
遠目からみるとあまり違和感はないものの……。

──と、言ってもですね、スプレーは外でやりますし、シート剥がしてる写真を載せるの
も、シャワーで洗い流してる所を撮るのも憚れたので、結局ここからですw
ね?ペラくなりそうでしょ?この後LED点灯のショット数枚で終わっちゃいそうでしょ?
そんな訳で、ここで一つ失敗したな~と言う所を挙げて、ボリュームの嵩増しでも図り
たいと思います!
で、どこが失敗したのかと言いますと、輪郭線をいれる(表現?)かどうかで悩み、今回
いれない方向で切っていきました。
や、入れられるところは当然いれますよ?じゃ、どこかというと、主にパジャマです。
もっと具体的に言うと、地面に手をついてる方の腕の輪郭ですとか、立ててる膝だとか
です。
わかりますかね?背景とネコのプリントがそのまま同化してるの。
本来なら、ちゃんと輪郭があるのですが、ネコのプリントを抜かない(スプレー処理され
ない)って事は、背景と当然同じ処理になる訳ですから、当然一体ものになります。
本来はそれを加味した上で切っていくのでしょうが、8bit脳の陸皇さんには、この処理を
行う為の脳内処理が追いつかず、そのまま切りましたw
あまり複雑だとさ、ここ抜くと完成イメージはこうなって……。とかすぐ出てこないんです
もん!
それに、いずれこの作品は再チャレンジするつもりもあったので、経験値稼ぎもかねて
処理をおこなわないとどうなるか?ってのも含めて切りすすめました。
8bit脳の私は結局痛い思いしながらでないと覚えられないのですよw

DSC_0246.jpg
ランプスタンド用意して、スイッチオ~ン!

では、そろそろ登場してもらいましょうかね、ランプスタンド。
それにしても悔やまれるな~折角このランプスタンド用に作成したブラック羽川さんな
のに、フィギアがないなんてな……。
まあ、ないものねだりもアレなので、今回も「これゾンのハルナ」さんに登場してもらい
ます。
そういえば、背景のモヤモヤ。
これ実は指紋だとかではないんです。外でスプレーした時にですね、風が強かったも
ので、裏に回り込んだ曇りガラススプレーのせいなんです。
試しにそのままLEDで光らせたらどうなるのかな?っていうのでクリーナーで落とさず
に点灯させてみたんですが、作品によってはアリかもしれませんね。霧っぽい雰囲気
出したい時にはこの手法はアリだと思いました。ただ、今回は偶然こうなったので、意
図的に出すとなると、扇風機など使わないといけないかもですね~^^;
ま、これもいずれ色々試して確立させたいですね。

DSC_0247.jpg
部屋の明かりを消す時は黒の画用紙取ったほうが見栄えがいいみたい

それでは部屋の明かりを消してみます。
写真じゃあまりわかりませんが、立ち込める霧の中に現れた羽川さん。って感じで一
人はしゃいでいましたw
失敗?から生まれた成功の一例ですね^^;

DSC_0248.jpg
遠目だとわかり辛いのでアップしました!

思わぬ成功(新たな表現法)と、意図的な失敗というハプニング?があったこの作品。
もっと経験値が上がったらいずれ再挑戦したいとおもいます。
あ、でもネコのプリント手がけるのはなんかいやだなぁw

そんな訳で、アクリル痛4作めはこれにて終了です。
いつもなら次回予告して終わるのですが、冒頭でも書いた通り、本日もう1つ記事を
書くので予告は簡潔ですw


──次回──

ステッカーでお送りします!



アクリル痛4作目 ブラック羽川さん ~其の二

こんにちは。
最近少々寝不足気味の陸皇さんです。

唐突ですが、陸皇さんの勤めてる会社の自動販売機のメーカー
が入れ替わり、一新されてて暫くはどれを試そうかワクワクでき
る訳ですが、それよりも楽しみにしているのがありまして……。

それがコレです。

DSC_0225.jpg
ポイントカ~~ドォォ~~~

会社の人達が自動販売機を利用するたびに陸皇さんがさりげなく
カードを投入してあげてますw
ポイントが溜まったらジュースの詰め合わせと交換して配布すると
いう事が噂で流れてるらしいですけどね^^;
え~私としましてはスピーカーがよかったんですがねぇ。
スピーカーの上にスマフォをセットしてブルートゥースで飛ばすって
感じらしいのですが、ジュース詰め合わせセットよりポイント少なく
ていいんですよね。
なんかポイントが逆のような気がするのだけども。
ちなみに、スピーカーは300ポイントで詰め合わせセットが500ポ
イントだったかな。


さて、それでは前回の予告通り、カットが終了しましたのでそこまで
をアップしたいと思います。
ネコのプリントが多く、これをひたすら切って行くという訳なのですが
思ったよりシンドイ作業だと思いましたw
いや、だってさ、ほとんど同じ作業で絵柄も同じ。飽きますやん?
早く他の箇所も切りたいってのに、昨日もネコプリント。今日もネコプ
リント。明日もネコプリント……。このままじゃ来年の今頃もネコプリン
トでお兄ちゃん生きてる気が全然しないンだよぉぉぉ~

がんばれ~~~
負けんな~~~
ちからぁ~~のかぁ~ぎりぃ~~~
生きてやれぇ~~~

ってネタが古いですねw

DSC_0216.jpg
こう見るとネコのプリント数が少なく感じますが……。

髪の毛の細部を修正し、前回残してしまった手足をカットしてとりあ
えずの終了です。
裏から透かして全体を眺めて切り残しや違和感のある所など修正
して整えていきます。
この時に、良く私に囁きかけて誘惑してくる小悪魔がいるのですが、
この小悪魔どうにかなりませんかね?たぶん誰しも一度は経験した
事があると思うんですけど……。

「YOU、もう少し切っちゃいなYO!もっとバランスがよくなるからさ!」

──と。

DSC_0219.jpg
裏から透かすとネコのプリント盛りだくさん!

プラモデル、水彩、デザイナー等、職種問わずに何かを作り出す、生み
出す事を仕事にしている、もしくは趣味としている方には経験した事があ
るであろう小悪魔の囁き。
これに乗ると大抵失敗するんですよねw
まあ、たまーに上手くいくときもありますが、程々が一番!
って事で、これ以上手を加えず、カットは終了です。

DSC_0222.jpg
リタックシートに貼りなおして透かしてます。

コピーした紙の皮を剥がし、ステッカーに付着した糊をクリーナーで
落し、リタックシートに。
そして、台紙を剥がしてA5サイズのアクリルに貼り付けま~す!

DSC_0224.jpg
透かしは完成のイメージに近いです。が、こっちもこっちで印象が
変わるので1粒で2度おいしい。ま、この瞬間のみの観覧となりま
すけどね^^;


──と、見せかけて本日の記事はここまでw
いや、この辺で止めとかないと次回の記事がとてもペラペラに薄く
なってしまうので^^;
スプレーしてシャワーして完成な訳ですから……。


そんな訳で、次回で完成となります。
さすがに寝る前の趣味の時間にスプレーは具合悪いので、休日
まで着手できません。従って次回の記事のアップは日曜日以降
になると思われます。余力があればその次の作品も少しはアップ
できるかな?と言った所で今回の記事はここらで!















そうそう、途中で使ったネタ知らない人にはなんのこっちゃ?
となるので、興味のある人は……

 わらう犬 テリー&ドリー
        or
 わらう犬 小須田部長 引っ越し

と検索してみてくださいw

アクリル痛4作目 ブラック羽川さん ~其の一

こんにちわ。
3月に、いたしゅみさん主催?のオフ会への参加表明を先日いたし
ました。
人生初のオフ会なので緊張とワクワク感が仲良く同居生活している
陸皇さんですw
まだ日取りは決まっていませんが、皆様に会える事を楽しみにしつ
つ、早速久しぶりのアクリル痛作成です。

折角ランプスタンドを作ったのでA5サイズで作成しようと思います。
で、ランプの点灯時の絵柄がブラック羽川さんなので、それに合わ
せるってのをお題に、今回チョイスした元絵がこちら。

DSC_0204.jpg
パジャマでおじゃま♪

A5サイズでしかも全身!
とても細かい作業になりそうで、今からガクブルですw
早速デザインナイフを手に取り顔から攻めます。

DSC_0205.jpg
裏から透かして~~

この間、鼻のパーツが遊びに行くこと数回……。
マスキングで止めようか思案してる最中に思いつく。次回
他の作品を手掛ける時は、鼻や口などのちっさいパーツは
切ってから抜く前に、パーツ周辺2回り程大きく切って残して
おこうと……。そうすればマスキングで止めなくても、うまい
事遊びにいくのを阻止できるかもしれない。
まあ、透かして見た時はあまり見栄えが良くないかもだけど。

DSC_0208.jpg
切り終わった後のクリーナーで皮を剥がすのが苦手な私は糊をウッスラ
としか使いません。なので、皮が剥がれてるところもチラホラw


さて、次の工程へ、。
髪の毛から行くか服から行くか悩み、手が止まる。
ハッ!実はブラック羽川さん(この絵に関して)って、実は切る
の難しいんじゃね?どこを抜くか残すか凄く悩ましい!
正直切り抜いた後のイメージがし辛い……ってかできない。
髪の毛の影の部分も多いから残すとなると違和感出てくるし
無視して全部抜けばちゃちくなる。
パジャマもネコのプリントを抜くか残すかするとなると、やはり
影の部分をそう表現できない。袖の折り返しとかも考えなきゃ
だし……。いや、これマジむずい!
今の私のスキルじゃ上手く料理できんとです。

──悩むこと30分強──

ま、これも勉強だ!と、開き直って感性に任せて切って行く事
にしました^^;

DSC_0209.jpg
細かくて時間だけが過ぎていく!結局パジャマと髪の毛が干渉する
度合いに応じて切って行く事にした。


この辺りから肩から流れる髪の毛と干渉し始めるので、切り
にくくなる前に髪の毛の方を着手していきます。
で、髪の毛の影をどう処理するか悩みつつ、出した答えが
ちゃちく見えない程度の影を入れる。って事にしました。
抜くか残すかの2つに1つ。表現方法が狭められる分、切り手
のセンスが問われる部分だと痛感いたしました。
まあ、経験値が圧倒的に不足してるというのもあるかもしれな
い。数こなして自信がついたら同じ絵柄でいづれは再チャレン
ジしてみたいな。

DSC_0210.jpg
だいぶ影の部分端折ったなあ^^;

さて、突然ですが、曲線の多い絵は私の場合デザインナイフ
を2種類使います。
1つはベーッシクなナイフ。2つ目は曲線専用の持ち手の先
がクルクル回るタイプ。このナイフ実はコツがいります。
初めて使う人は違和感というか使い辛く感じるかもしれない。
人に寄っては、慣れるまで使うよりベーシックのナイフで曲線
を思うように切れるように練習した方がいい!
と思う人もいるかもしれないですね。
私は、昔使ってた経験があるので、息継ぎなしで曲線を切り
たい時などは曲線タイプのナイフを……。と、言った具合に
使い分けています。

DSC_0211.jpg
ネコのプリントは曲線用のナイフで手掛けています。

そう言えば、アクリル痛手掛ける方って、始めから終わりまでの
どの部分が一番楽しいorテンションがあがりますかね?
ちなみに私は、切り終わってからリタックシートに移して、ステッ
カーの台紙を剥がして出来栄えを確認した時ですかね。
その瞬間、もうこれで完成でいいんじゃね?とか思ってしまいます。

4時間かけてようやくここまでです。
悩みながら切ったのと細かいカット、そして遊びに行った鼻のパー
ツ探しで時間を取られ、時計を見たらすでに午前2時過ぎ。
さすがにヤバイと思い、本日はここまでとしました。
次回はカット完成までこぎつけたら記事にしようと思いますので、
其の三で完成になる予定です。

さて、腰の部分の折り返しをどうするか考えなければ……。


テーブルランプ→ライトスタンド(プス夫)→融合→ランプスタンド? 其の三

さて、ランプスタンドもいよいよ大詰めです。

前回の記事で失敗した後にフィギアケースを買いに行った訳ですが、
細々としたツールの他に、カラーボード(発砲スチロール系のやつ)
も買っていました。コレ、何に使うのかと言うとですね……。
アンコとして使えないものかと思い購入しました。

DSC_0192.jpg
定規できちんと計って切ったのにも変わらずズレている陸皇さん
クォリティー(笑)


35mm×300mmでカットした物を5枚用意。
それをスーパーX(セメダイン系接着剤)で張り合合わせて、カット
したチャンネルも同様に接着して一日乾燥放置。
※チャンネルは蓋をした時にスリットの部分に来るように調整
テープLEDをチャンネルに貼り付けて、フィギアケースの土台にも
貼り付けます。

DSC_0191.jpg
接着剤の乾燥待ちの間に電源関連を着手。

実はPSPのアダプターでは電圧が足りない事に気づき、新たに
アダプターを用意しました。
被服剥いて、心線をよじって先端部分を半田で軽く流し込ませ~
の、一般的なコネクタージャックタイプに換装させて、接続部に半
田を流して絶縁処理をして、この日は終了です。

DSC_0193.jpg
半田作業やってると高校の授業を思い出す(笑)

乾燥してからはセンサーをケースの内側(フィギア乗せる辺り)に
貼り付け、配策作業に入ります。
半田して、収縮チューブで絶縁させて、LEDとセンサー間の接続
は完了!

DSC_0194.jpg
手頃なピンバイスがなくてリューターで穴あけ……。

細いピンバイスしかなく、苦肉の策でリューターで穴を開ける。
空いた穴に赤・黒ケーブルを通します。

DSC_0195.jpg
土台の裏側~

半田でアダプターのメス側コネクターを赤・黒ケーブルに繋げ、
絶縁処理を行います。

で……。

DSC_0196.jpg
ハルナさんに登場してもらいました。

ミラーに映る作業着を着た陸皇さんはともかく、漸くハルナさんの
出番です。
実は、フィギアって雑誌のおまけについてたのしかもっていないんで
すよね……。私 ^^;
兎も角、アダプターをコンセントに差し込み、フィギアを乗せてみる。

ドキドキ……。

DSC_0197.jpg
LED光で煽られるハルナさんいい感じ!ではなくてですね、
ブラックな羽川さんがいい感じ!


はい、ライトアップさせてお出迎えしてくれたのはブラック羽川さん。
このフィギアケースだと、横長の絵柄にどうしてもなってしまうので、
何気に絵をチョイスするのに苦労しました。

DSC_0199.jpg
フィギアだけ羽川さんじゃないけど……。

それじゃ、サイズは全く合っていないけどアクリル痛をセット!
うんうん、いい感じ!
では、電気を消しま~す♪

DSC_0198.jpg
よさげな感じです。

さて、書き忘れていたのでここで1つ。
センサーのモードは2棲類あります。スイッチ切り替えで静電を
感知している間だけONと、静電感知でON、更に感知でOFF
の二通りできます。そしてこのフィギアは静電しにくいようで、底
にアルミホイルを貼り付けて安定させてます。
なので、材質によっては若干の加工が必要になるかもしれません。
ちなみに、写真にも写っている缶コーヒーを乗っけてみても動作し
ました。

それでは、まとめです。
自己評価としては70点かな。
マイナス点は以下の通りです。

・ケースの内側からL字アングルを取り付け、支え代を付けようと思
ったら、気に食わなかった溝の盛り上がり(表はパテ埋めで対応)に
干渉。スリットを開けた位置が悪かった……。
マイナス10点

・チャンネルを使い、青色LED光を白色LED側に光を入れない所迄
は良かったが、幅が5mmな為にアクリル痛の厚み調整が難。
マイナス10点

・プリンターを持っていないので、インク対応の紙が使えず、イレブン
のカラーコピーで出力せざる得なかった……。
そのせいか解らないけど、ランプスタンドを点灯させた時に、電気を
消さないとハッキリと見えない。(LEDの光の当て方もあるかもだけど)
マイナス10点

こんな感じでしょうか。
まあ、あともう一台か2台作って納得のいくものを……。と思っていま
す。そんな訳で、次回予告です。



──次回──

ランプスタンド作成したので、スリットに合ったサイズ(A5)のアクリル
痛などを考えています。恐らく orz ←こんな感じので招き猫の手の
ポーズをしたブラック羽川さんを手掛けると思われる。
まあ、元絵は変わる可能性あると思うけどね^^;

それじゃ、おまけの写真3枚あげて寝るとしますかね。
あ~きっと朝起きるの辛いんだろうな~とか考えてたら
シャ乱Qの歌詞が頭を過った陸皇さん。
そこに至る過程や状況は全く異なりますがね^^;

DSC_0203.jpg
桜野くりむさん参戦!

DSC_0200.jpg
って、これじゃ何の付録のフィギアだかモロバレだよねw

DSC_0202.jpg
実はまだヒメアさんとかリアス部長だとか待機してるのだけど、
まあ、今回はいいでしょうw




テーブルランプ→ライトスタンド(プス夫)→融合→ランプスタンド? 其の二

心が折れそうです。
折角8割書き上げたのにミスって記事が消えました。><
再度書き直しです。


──30分後──


さて、少しだけ立ち直りました。
同じ文章が書けるかわかりませんが、改めて!

成田山の交通安全祈願含めた初詣にいきました。
行きは湾岸幕張PAで休憩をとったのですが、旧車会が……。
去年も確か出くわしたきがします><
休憩を済ませていざ!って時に、旧車会と出発が被るorz
なんなんですか!すごいデジャヴですよ!
ええ、去年も同時出発でしたよ。今年もあの嫌な雰囲気で
走らないといけないの?3車線の隅でトコトコ走って並走せざる
得ない陸皇さん。はぁ、なんだかな。
オートサロンのせいか渋滞すごいし踏んだり蹴ったりですよ。
んで、なんとか成田山ついて、バイクを止めて参拝。

DSC_0183.jpg

DSC_0185.jpg

DSC_0184.jpg

人混みに酔いそう。
ってか、人多い!元旦から10日も経ってるのに、並び始めて
賽銭箱にたどり着くまでに小一時間かかりました。
今年一年穏やかに過ごせますように。無事故でありますように……etc。

で、その後はうな重食べて帰りにお台場を少し走って帰宅しました。


うん、一度書いた記事よりかなーり端折ってるけどま、いいかw
さて、では工作の続きです。

前回の懸念事項である溝の対処はパテ埋めで対応。
ステッカーの遮光性は確認した結果、問題なし。
ってな訳で、パテで埋めます。

DSC_0172.jpg
盛るぜ~超盛るぜ~~♪

一日硬化させ、引けた部分を更に盛り、また一日硬化。
次はサンドペーパーで余分に盛った部分を落とします。

パキッ!

…………
………
……


オー!ノー!だズラ。溶かして切り取った部分から割れたズラ!
考えるまでもなく作業工程間違ってるよね。
いくら後でパテ埋めしようと考えたからって、先切っちゃうのは
マズイよね……。ってことでリテイクです。
ダイ○ー行ってフィギアケース買いなおしてきました。
それとたまたま見かけた新アイテムも購入。

DSC_0181.jpg
#240のペーパーで整形した後の仕上がりです。

さて、パテ2度硬化後までスキップします。
今回は切り取ってません!同じ轍は2度踏まない陸皇さんです。
ここからペーパーをかけていきます。#240・300・600・800・
1200とかけていき、表面の面精度を整えます。お遊びでこの後
ピカールをつかってバフもかけましたが、#1200程度じゃクリア
にはならず、半透明程度でした。表面はステッカー貼るので、ある
程度面精度でればいいと思います。

DSC_0182.jpg
余談だけど、ピカール無い人は、歯磨き粉で代用できます。
ベトベトになるけどね^^;


一度ケースを洗い、水気をとってから、LEDスタンドで使う切り口を開
けます。
ケースを買いなおした時に見つけた新ツール。リューター用のミニホイ
ールソーで開け、霧吹きのボトルに水、中性洗剤を1・2滴いれて混ぜる。
んで、断熱ミラーシートの台紙を剥がしてから霧吹きし、空気が入らない
ようにフィルムを貼り付けます。側面と天面を包み込むように貼り付けたら
適当な長さでカットし、底面はきっちりと切ります。

DSC_0161.jpg
カーショップで買ったカッティングシート 黒マット地

カッティングシートを天面、側面、後ろ側面に貼り付け、LEDの切り口を切
り取ります。
※フィルム同様カッティングシートも霧吹きして空気が入らないようにします。
ここで手を抜くと出来栄えに関わるので慎重に!

DSC_0186.jpg
前から

DSC_0187.jpg
後ろから

カッティングシートはドライヤーで温めながらスキージーで貼り付
けていくと完成度が高くなります。温められたシートがR面に馴染
みやすくなると同時に、糊の粘着度が増します。
これで大分形ができた所ですが、このままLED等電装関係の処
理に移るのもなんか味気ないなぁともう一捻りいれたいです。
で、考えたのがライトアップさせる絵を入れ替えるのにケースを
開閉し易くしたらどうかなぁと、蝶番を付けてみることにしました。
さて、みなさん。蝶番と聞くとドアに使っているイメージで金属製
を思い描きませんか?でもですね、こんなのもあるんです。

DSC_0188.jpg
アクリル用蝶番

樹脂に接着して使う蝶番です。
これはメチレンやアセトンなどの溶剤で付けるタイプで、字の通り
樹脂を溶かしてくっ付けるという単純な仕組みです。
ラッカシンナーでプラが溶けるあの手の類です。
まあ、DIY パイプラックや棚などを作った事がある方は説明は
いらないと思いますし、それで代用できるとおもうです。

DSC_0173.jpg
ミョ~~~ンと優しく引っ張ります。

さて、この溶剤を買うと、スポイトが一緒についてくるのですが、
ここで一工夫というか、加工します。
ライターの火(青い火)でスポイトの先端1cm離した所を炙って
いき、溶ける手前のフニャフニャになった所で先端をゆっくり引
っ張り、細くしていきます。適当な所で息を吹きかけて冷まして
硬化させ、カッター等で切ります。こうする事で口は細くなり、
別売りの注射器(シリンジ)を買わなくても細かい作業が可能に
なります。ちょっとした小技なのでお試しあれ~

DSC_0174 1
加工したスポイトで溶剤を吸引して……。

DSC_0189.jpg

蝶番を貼り付ける部分のカッティングシートは切り取り剥が
します。
剥がしてから、アクリル痛でもお馴染みのクリーナーで糊を
取り除き、蝶番をあてて溶剤をスポイトで流し込みます。
10分位放置して……。

DSC_0190.jpg
上手くやらないと失敗後のリペアは相当難しい。

ひとまず完成です。
底面から飛び出している部分はヤスリ等で削り、整形します。
今回の記事はキリがいいのでこの辺で終わりです。
なにしろ失敗したのが痛かった。硬化させるのに日数を使う
ので、時間が空いてしまいました。
次回はいよいよ電装系の着手です。上手くセンサーが動作
する事を祈りましょうかね。



それでは、次回も工作。テーブルランプ→ライトスタンド(プス
夫)→融合→ランプスタンド? 其の三でお送りいたします。


プロフィール

御影 陸皇

Author:御影 陸皇
はじめまして。
ブログ管理人の陸皇です。
痛グッズ、小物などの作成か
ら、バイク、ツーリング、ア
ウトドア、キャンプ等々をタ
ーゲットに、浅く広くやって
いきます。

リンクはフリーです。
一報くださる方はこちらもリ
ンクしちゃうんだからねっ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

満身創痍

布蔵の布でフィギュアを作る日記

痛趣味物語~いたしゅみ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。