スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に叢雲羽根に風

どうも、陸皇さんです。

昨日の陽気ですっかり桜も花開きました。今週末はお花見で
どこも賑わう事でしょう。

さて、オフ会でのお題を何とか切り上げてtakuboさん
にメールで添付してから二日経ちましたので、そろそろ
記事にしてもいいかな?
で、今回のお題は切り絵を行っている同志3名による、同じ
元絵を切って違いを楽しむというのが大まかな柱です。
元絵は前回の記事で上げているのでそちらを見てやってくだ
さい。

まぁ、今回は語る事があるので前回のサンドブラスト系の事
に触れる事はないのでお付き合いいただければなと思いま
す。
さて、それでは何から話していこうか。

DSC_0327.jpg
今回は過去最高の線の細さが要求される作品。

まずはこの作品をどう切るか?の話からにしようかな。
この作品って大まかにジャングルジム、お面の目や耳、着物
やその帯、月に浮かぶフェニックス等の赤系。
蛍の光、お面の目、髪飾り等の黄色系。
夜空の瑠璃色(紺色の方が近いかな?)
そして羽根とお面の白。
ザックリとではありますが、概ね4色です。これを黒のカッティ
ングシートで切る訳ですから当然2色までしか表現できませ
ん。普段から影の更に暗い部分をどう処理するかで迷うのに、
今回は暗めの色調+色の多さ。
さすがに頭の中で完成イメージするのにも限界が出てきて、
今回ばかり説明書(どこを切るかの指示表というかメモ?)
を作成する所から始めました。

DSC_0328.jpg
着物の花柄は元絵の段階でうっすらとしか印刷されなかったので、
判るところは忠実に、判らないところは感性で切りました。


で、あーでもないこーでもない……。と、書いては紙を丸め
て、黒・白意外にもう2色位色付けられないものかなぁ等と
考えている内に、あるやり方を閃いた。
その『やり方』ってのは後で書くとして、とりあえずその方法
を取ると、お題から少し反れてしまう。でも、一度閃いてしま
ったからには完成後が気になってしまう。
そんな訳で、8割方決まった切り方をもう一度検討しなおす
事にしました。
ここで難しかったのは、お題から反れるけど極力ソレに沿う
切り方をする。という事でした。
それを踏まえて新たに説明書を書き起こして完成させたの
が丁度期日の一週間前。
正直コレを完成させるのに一週間で終わるのか?と思いつ
つ、手を動かさなきゃ確実に終わらないし、一週間という時
間を現在進行形で無駄に消費しているのもどうだろう?
とも思い、林君の名言を声に出して自分を奮い立たせて切
り始めます。

期日は29日。一週間しかないのにいつやるの?

今でしょ!

DSC_0329.jpg
最初は花柄が一番の難関だと思っていましたよ。えぇ、最初はね……。

さて、それではここで説明書に書いたのをおおまかに書き
出していきます。

◇黒カッティングシートでお題に出来る限り沿う形で今回
 のやりたい事を念頭に切る。

◇使う元絵のコピーは全部で5枚。内3枚は絵を反転させ
 る。

◇完成後の作品の厚みはトータル12mm。

◇表から羽根→黄色系→黒カッティングシート→赤色系
 →瑠璃色系→白カッティングシートの順。

◇色付き画用紙を使用する。

DSC_0319.jpg
黒カッティングシートから一旦離れ、気分転換に別のパーツを
切り始めました。ジャングルジムがダルかったです^^;


といったものです。
さて、ここまで書けば感のいい方ならある程度想像つい
たのではないでしょうか?お題としてなんとかこなせつつ、
この作品に色を乗せたいっていうのがやりたい事です。
単純にカラーシートでやればいいのでしょうが、折角です
から私のブログの顔といいますか、LED(工作)交えた色
付けをやりたい。更に突っ込めば、画用紙の色も利用しち
ゃえ!と各種色を乗せる方法、色以外での表現の技法を
チャンポンしてみようってのが狙いです。
シャドーボックスのように重ねて立体的に見えるように、
LEDでいくつかのパーツに色をつけ、画用紙で彩り、最終
的にはカラー切り絵の様になる。

DSC_0333.jpg
お面を切り始めた辺りで気づく。あぁ、この作品の一番の伏
兵はお面の細かなパーツと草のパーツだなと……。小さい
パーツが遊びに行って帰ってこないんじゃボケェェェッ!


期日までに残された時間はゴリゴリ削られていく中で、どう
しても眠くて2日間程作業をサボ……お休みした為に、更に
焦燥感が襲ってくる。アレだね、締切間近でスクリーントーン
やベタ塗ってた頃の緊張感を思い出すね。
で、焦燥感が襲うもう一つの理由としましては、この作品を手
掛ける上で必要な材料をネットショップでポチッた商品がまだ
発送されないってのがある。実は今この記事を書いている現
段階になってもまだ手元に届かないって言うね^^;
や、発送(出荷)のメールは昨日来たのですが、注文してから
まさか一週間以上かかるとは思いませんでした。

DSC_0338.jpg
流石にカッティングシートのみを透かすにはペラペラ過ぎるので
硬質カードケースに収めて写真に収めました。


写真で撮る程ではなかったので割愛しますが、ここまで切る
間に息抜きがてらに簡単な羽根のパーツを切ったり、蛍の光
を切ったりと、白カッティングシートは3枚切りました。
黒カッティングシートの方は、もう終盤なので次に取り掛かる
のは画用紙のカットのみとなります。
これを切り終えれば実質この作品の切り工程は完了です。

DSC_0339.jpg
2回目のジャングルジムカット……。草もかなりの鬼畜ぶりで
陸皇さんもタジタジですw


とは言え、ここまで来るのに当初予定していた時間を大幅に
使うわ、進行速度も遅れてるわで半ば諦めモード入ってます。
ハッキリ言いましょう。黒カッティングシート切り終わったの期
日(当日)の20時30分頃です!!
注文の品が届いていようが無かろうが完全な完成にはこぎつ
けなかったって事です!
諦めモードと言うより、開き直りモード移行したと言う方が正
確かもしれませんね。

DSC_0341.jpg
裏から透かして……。

とりあえずお題のみは終わっているので、takuboさんにメ
ールで写真を添付してとりあえずミッションコンプリートかな?
まだ画用紙のカットが残っているのでそれを今日にでも終わ
らせて、材料が届くのを待ってから次工程に取り掛かる感じで
す。さて、写真の左にある紙切れ。これが今回私が起こした説
明書でございます。図っぽいのは重ね合わせる順番や素材を
示しています。

DSC_0344.jpg
黒カッティングシートはひとまず終わりでしょうか。この後、遊び
に行って帰ってこないパーツを切りなおして貼り付けて完了です。


とりあえずカッティングシートは画用紙が残っていますが、そ
れは次回の記事に回します。
カテゴリは工作にする予定ですが、次回からネットショップで
ポチッた新アイテムをご紹介できることでしょう!
それと以前コメントで予告した通り、半田を使わない配線接合
を試みるのでお楽しみに!
まあ、こちらは期待するほどの技術ではないんですけどね^^;
100均で売ってるやつをラジオペンチでエイッエイッエイッ!
ってやるだけですからw

そんな訳で、本当の完成には至りませんでしたが、お題のカット
はこんな感じで切り終えました。正直言って途中の作品なので
フェニックスだとか羽根だとか蛍の光だとかは黒カッティングシ
ートでは切っていません。そういう意味ではお題に沿ったとは
言い辛いのですが、それは完全版でお見せできればなぁと思っ
てます。


──次回予告──

次回は工作です。一部画用紙のカットも入りますが、写真で
載せてもカット後の一枚になると思います。メインはLED等
の配線・結合と完成となる厚さ12mmの処理を含めた工作
になると思われます。で、先ほど予告した新アイテムは工作
というよりかはそれに付随する作業で使います。
──が、間違いなく次回の記事のメインになると確信してお
りますw
こうご期待!

それでは、いつもの投下して今日はこれで!














~~おまけ~~

翼さん「ねぇ、陸皇君の聞いてるこの曲なに?」

陸皇「ああ、火の鳥だよ」

翼さん「それって虫がつく偉大なマンガ家さんが手がけた
    ある意味はた迷惑な鳥が登場人物を……」

陸皇「翼さん、その解釈はどうかと思うけど、なぜ曲名の
   話してるのになぜマンガになるんです?」

翼さん「それは火の鳥と聞いて、それしか思い浮かばな
    かったからだよ」

陸皇「さいですか……」

作業BGMはFANATIC◇CRISISの火の鳥。



スポンサーサイト

違うんだ、これには多摩川より深い事情があるんだ!

どうも、陸皇さんです。

カテゴリーがステッカーになっていますが、別に何か切り上がった
わけじゃないです^^;
じゃ、なんで記事をあげたのかといいますと、息抜きでしょうか?
えぇ、非常に頭を悩ませてますよ、課題の切り絵w
ステッカーに印刷した元絵を貼り付けた状態で停滞しております!

DSC_0325.jpg
もうね、色々犠牲にしないと切れそうもないです。影とか背景とかw

わかりますかね?
脳内でシュミレートするにも限界を感じて、写真の左上にちょこっと
見える文字の羅列。これ、どこを切って残すかの今回の説明書と
なってます。
昨日からあ~でもあいこーでもないと書いては紙を丸めてを繰り返
してやっと落としどころを定めて書き上げたのがついさっき。
前回の記事でも少し書いたけど、今回は切り絵としては失格な切り
方します。正直言うと、課題に沿ってるとはいいがたいかも。
でも、やってみたい事があるのでこのまま進めますがね^^;
だから先に謝っておきます。

「さーせんでした!折角のお題なのにお題として期待に沿えそうもな
いです!」

詰まる所、今回の作品は切り絵はメインではなくてその先の工程が
メインになりそうです!
別の作品でやれよ!とも思うのですが、この元絵程合うのが無さそ
うでして……。
それに、ジャングルジムとか何回も切りたくないよ><。

んで、その説明書の話に戻ると、アイデアはあるけど明暗の処理が
どうにも上手くいかなくて、途中色々現実逃避とかしてたんですけど
も、その成果を写真で収めたので載せておきたいと思います。

DSC_0321.jpg
クリアファイルの裏側も一緒に挟んで点灯してみた。

まずはこれ。
作ったはいいけど、壁に掛けるためのフックがなくてですね、今日
買ってきて壁にやっと設置できました。暗くてわかり辛いかもですが、
こっちなら判るかも。

DSC_0324.jpg
ついでだから他の作品も一緒に収めてみた。

DSC_0323.jpg
部屋の明かりを消してみた。

いやいやいや、全然説明書の話に戻ってないし!
コホンッ!
え~戻しますと。
既に予告した通り、今回は普通ならこんな切り方しないよね。っていう
切り方で行くので、今回はボツにした本来自分ならこう切っただろうね
っていう一番最初に書いた説明書をざっくりとここで書きます。

月は白抜き、フェニックスを黒で残す。空は黒で残し雲も同じ。
木々は白で抜き、空にかかる蛍の光は白で抜き、木々の光は黒で残
す。キャラは髪の毛を黒で残し、ハイライト部は白抜き。顔(肌全般ね)
の影は全て白で抜く。着物は一番暗い影と着物の柄のみを黒で残して
他全て白で抜く。下駄は影の部分と鼻緒を黒で残し、ハイライトは白で
抜く。同様にキツネや般若の面も影は無視して白で抜く。
目や隈取りの紋様や耳は黒で残す。般若の髪は黒で残し、逆に角は
白抜き。ジャングルジムはハイライト部を白で切り残し、影は残すが、
背景の黒で残す部分と干渉する所は主線を逆抜きで境界をにメリハリ
を付ける。風車は柄を黒で残し、主線を逆抜き。柄についている継手を
白で抜いて、車を青い部分を白で抜いて赤い部分は黒で残して残す部
分は逆抜き処理。草は黒で残す。
羽部分は白抜き箇所にあたる部分は黒で残して黒で残した部分にあた
る所は白抜きする。

当初はこんな塩梅でした。
暗い夜を木々で主体に彩るか、空で彩るかでまるっきり印象が変わると
思われるこの作品。それによって月の印象も変わってくる。
ほんと、この元絵は切り絵泣かせな作品だと思うよ。

ま、私は今回外道なことしますがねw
一応黒のカッティングシート単色オンリーで仕上げますが、くどいけど想
定している仕上がりはひどいものになります。
そこん所はほんともうしわけないです。ただ、こういう切り方はしないだろ!
っていう切り方でも、見れるようには極力していくつもりです。切った後の一
番やりたかった事に抵触しない限りはっていう但し書きがつきますけども。

ほんと重ねて書くけど、takuboさんsub555さん申し訳ない。
変なこと考え付いてしまったせいで、本来の切りとは真逆な事になります。
さすがにすっとぼけて当日まで黙ってるなんて事できなかったんで、先に
ここで謝っておきます。ただ、自分のやりたい事ってのが上手くいけば、違
った意味でのいい切り絵になると思うので、そこは期待しててください!

そんな訳で、息抜きと、現実逃避の末にできた産物と謝罪の記事でしたw



──次回予告──

本来は工作だったのだけども、やってる暇がなかった。
現実逃避で違うことやる時間はあるのに?などというツッコミ
はノーサンキューw
で、このままではお題も終わるか怪しいので今週いっぱいは
切り絵。つまり、工作の記事書く前に期日が来て発表となる
ので、次回もカテゴリーはステッカーになるかなと思います。
それにしても、急遽土曜日出勤(棚卸)になってしまった。
ほんと時間足りるのか?これ切るのに自分の見立てでは8
時間使いそうだぞ。
ってところで、恒例のおまけです。





~~おまけ~~


バサ姉「まいどあり~~」

陸皇「ちょっ!いや、だからもう少し出演料まかんないですかねぇぇ?」




ラストシーン ~追憶の破片・失われた風景~

どうも、陸皇さんです。

今回の記事は予告通りステッカーとなります。
お題となる作品は前回の記事で既に写真が載せられていますが、思
えば動物を除けば一枚に2キャラ分を切るというのは初めてかもしれ
ません。
そんな訳で、ソードアートオンラインⅡよりアスナ&ユウキのツーショッ
トを切って行きます。

DSC_0271 1
お題となる元絵がこちら!

──と、言っても正直説明する事がもうほとんどないんですよね^^;
工作なら色々とあるのですが、切り作業って言っても作品が違うだ
けでやってる所は一緒だし、どこを切るか残すかは写真の下の青
文字で済ませられちゃうから書くことがないんですよ。
そんなもんでこの先の文章をどう埋めるかが一番の課題になりそう
なんですが、なにかないですかね?
まあ、今回はなんとか文章を捻りだすとしても、次にステッカーの記
事書くときはいい加減ネタがないですよ。強いて言えば今使ってい
る道具類のレビューとかいいかもしれませんが、これもそうホイホイ
変える物でもないんで、数回やってしまったら息切れしそうなんです
よね。(いずれやると思うけど)

DSC_0272 1
顔から切って行きます。ま、相変わらずの手順です。

DSC_0275.jpg
小さいパーツは切り終わってから更にもう一回り大きく(透かして不自
然の無い程度)切って、お散歩を防止してますw


そんな訳で、今回はなんとか捻りだしたネタで残りを埋めて行きた
いと思います。
お題はサンドブラスト。
で、サンドブラストをお題に何を書くかと言うと、ここ数日調べた事
(まずはコンプレッサーから)を書いていこうかなと、これから始め
てみようかな?と思ってる方の知識に一役買えればなと思います。
コンプレッサーにも色々ありまして、オイルレスタイプからオイル
を使うタイプとザックリわけて2種類ある。
オイルレスは文字通りオイルがないので継ぎ足したり交換したりと
しなくて済む反面、音が煩く、連続稼働時間が決まっています。メ
ーカーやスペックにも寄るけど、おおむね15分位が限界。
じゃあ、連続稼働って何よ?となる訳ですが、これは『モーターが
回ってから15分以上は回し続けないでね』っていう意味です。
どういった時にそう言う状態になるかと言うと、エアーの供給より
吐出量の方が多い場合です。

DSC_0277 1
胸のバックル?は色々手を加えると帰って見づらくなったりゴチャゴチャするかもしれない
と判断し、シンプルにしました。


詳しく書くと、コンプレッサーは大体、圧力が約0.8Mps(メガパス
カル)まで蓄圧したら停止し、使用中に0.5~0.6Mps程度に下がっ
たら再起動する物がほとんどで、供給より吐出量が多いと常に
再起動がかかるって事です。
※ちなみに0.8Mpsってのはホビー用ではなくホームセンター等で
売られている家庭用のコンプレッサーのスペックです。
そうなるとモーター等が焼付いたりして不具合を起こすので連続
稼働時間っていうのが設けられています。
逆にオイル有りの方は、円滑剤、クーリング効果も見込まれ、こ
の連続稼働時間の設定がないです。

DSC_0278.jpg
バサ姉「この髪の部分はオフ会でも実演したクルクルナイフを使って処理してま
    す」


じゃあオイル有りの方がいいじゃん!って事になるんですが、正
直言って用途に寄るんですよね。要は、連続稼働時間内で、再
起動も頻繁に起こらない用途なら十分なんです。
で、サンドブラストで使うにはどうなの?って所なんですが、これ
もブラストのメディアを送り出す方式に寄って変わるそうです。
現時点ではもっぱら直圧式が流行り?らしいのですが、他にも
自重式、吸上式とあり、どの様式にするかで変わるみたい。
ちなみに直圧式は最低でも0.2Mpsあればいいみたいです。
じゃあ、ホビー用のでもなんとか頑張れば行けるのでは?と思
うかもしれません。確かに圧力は足りるでしょう。
しかし、ブラストする際の使用量と供給能力があれば……。
と但し書きがつきます。私が見たホビー用のコンプレッサーも
0.3Mpsとかいてあったけど、恐らく瞬間的な圧がMAXそのくらい
で出るって事だと思うし、先程のホムセンで売られているコンプ
レッサーはタンク容量が25ℓで吐出量が100/119リットル(50/
60Hz)くらいあります。これは毎分100ℓの空気をモーターで生
み出す(表現」としてはあってないかも?)って事です。
この位のスペックがないと満足にブラストできないらしいので
それを考えるとホビー用で事足りるのか?と問われれば答え
は出たようなもんです。
※サンドブラストやるときは吐出量が100ℓ位あればいいそうで
 す。それ以下でもできなくはないと思うけど、ストレス、時間、
 そしてコンプレッサーの負担を覚悟しなくちゃいけなさそう。

DSC_0280 1
このクルクルナイフは慣れていても想定外なミスが起きる。普段使ってる普通
のナイフより角度がついているので、止めるべき所で止めたつもりが余計に切
れてたりする。それと普段より力を入れて切らないと刃が寝ているせいか思っ
た程切れてなく、2度切りすることも……。


まとめると、サンドブラストの使用するエアー量とエアー供給
のバランスが取れているかどうか?が一番重要。
で、ギリギリ足りるならオイルレスは避けた方がいい。
足りてるならオイルレスでも構わない。
ホビー用はあくまでエアーブラシ(塗装)を前提としているの
で、圧力は足りてもエアー供給量は間に合わず、やってで
きなくもないけど、えらい時間とストレスを抱える事になる。
って所かな。
蛇足として、サンドブラストするのに問題なく使えるコンプ
レッサーのスペックはこんな感じです。

DSC_0281 1
バサ姉「背景は切るか残すか悩んだそうです。とりあえず残す方向で進めたみ
    たい」


仕様

●吐出空気量:
0.6MPa時 125L/min (この設定の時に安定して125ℓ出し
              続ける事が出来るってことです)
0.45MPa時 135L/min
●最高圧力:1.0MPa
●再起動圧力:0.8MPa
●エアータンク容量:30L
●消費電流:12A
●消費電力:1200W

DSC_0282.jpg
バサ姉「さて、困ったよ。ユウキをどうやって切って行ったらいいかな」

このコンプレッサーは1200wなので家庭用電源からギリギリ
動かすことができます。始動時は1200w×1.2倍=1440wこ
のクラスだと戦闘力(値段)が3諭吉程無いとだめですが、最
新式ではなく、少し型が古いのだと2諭吉あれば同程度のも
のが買えると思う。
※家庭用のコンセントは概ね1500w(15A)まで取り出せま
 す。ただ、タコ足配線だとそれ以下。場合によっては、専
 用回路を設け、20Aのコンセントにする。15Aのコンセント
 だと許容電流をオーバーしてなくても、ギリギリなので早
 く痛む可能性がある。
※1馬力=750w このコンプレッサーは1.6馬力です。

DSC_0283.jpg
とりあえず透かしてモチベーションを上げつつどう切るか考える。

サンドブラストでは0.3MPa程度の圧力があればストレスなくで
きるらしいので、上記のスペックと照らし合わせると確かに問
題なく135ℓ以上のエアーが安定して使えるって事だ。

DSC_0285.jpg
バサ姉「結局切れる所までは切る事にしたみたい。で、ここで中断して悩んでる
    最中みたいね」


このスペックのコンプレッサーで、塗装やサンドブラスト以外に
なにができるのか?
DIY用工具で例えるなら、エアー仕様のリューターや小型の釘
打ち機・並びに仕上げ釘打ち機(革張りとかカーペットを板に
貼り付け等)やジグソー等。車関連だと軽トルクならインパクト
レンチなども行けるかもしれない。300N・m位になると瞬間的
にはギリ行けるかもしれないけど使用できるレベルではない。

DSC_0287.jpg
ここまで切ってギックリ腰をやって一週間手がつけられない状態に。
そしてオフ会までには仕上がらなかった^^;


私はバイクも弄るので、その時に色々重宝するかもしれない。
トルクによってはインパクトレンチが使えないかもしれないけど、
ボルト緩めて取り外す時や、仮止め時のみに使って手間を無く
したり、エアーガンで洗車後の水滴等飛ばしたりとかにも使え
そうだ。

DSC_0312.jpg
オフ会当日にアイデアをいただき、自分なりにアレンジして完成までこぎつけました!

DSC_0314.jpg
まぁ、概ね想像通りに仕上がったかな?と言った所です。

さて、そろそろ写真もいよいよ残すところ1枚。
ここまでコンプレッサーの事でダラダラと書いたけど、その仕様
だとソレ使えないよ!
とかあるかもしれない。(スペック的には足りないけど使えると
か、その逆とか)なので、興味のある方は更に調べる事をお勧
めします。自分はサンドブラスト目的なので上記に挙げたツール
は、楽天やアマゾンでザックリ見てこれなら使えそうかな?
っていうレベルでの判断なんで^^;

DSC_0317.jpg
皮をとって、クリーナーで糊を落として完成です。

まあ、こんな感じで次回のステッカーorアクリル痛の時もサンド
ブラストの事にでも触れようと思います。次回はメディア関係
(直圧式や吸上式等)の事でもやろうかと考えています。それと、
実際に作成や実施した訳ではなく、まだやる前の前知識段階を
チラ裏感覚で綴っているだけなので、ご指摘ありましたらよろし
くお願いいたします。

さて、これでアスナ&ユウキのツーショット完成です。
マザーズロザリオは、ありがちな展開だったけど王道が故に安
定して面白かった。
ここ最近のストーリーって凝ったものが多いように思える。
もちろんそれが嫌いなわけじゃないですが、あまり考えずに単
純に客観的に傍観的に見て解りやすいありがち(王道)なスト
ーリーもたまには欲しいなぁと思うのです。
王道が廃れてきたからなのでしょうが、そこは魅せ方次第だと
思う訳ですよ。
さて、話は一気に変わって、この作品のタイトルを付けるなら、

ラストシーン ~追憶の破片・失われた風景~

ですかね。
さて、わかりますか?このタイトルにはある共通点があります。
や、大した話ではないのでサックリと答えるけど、歌のタイトル
・サブタイトルですね。
ラストシーンは布袋寅康。
追憶の破片(かけら)はMALICE MIZER。
STILL LOVE HER(失われた風景)はTM NETWORK
となってます。




──次回予告──


次回は工作でLEDキャンドル&イルミネーションスタンドを
弄ってみたいと思います。
それでは!









~~おまけ~~


出演

羽川 翼

バサ姉「出演料ってでないのかな?そろそろ旅費も稼が
   ないとね!」

陸皇「あぁぁっ~!サンドブラスト作成費が!」


ちゃんちゃん♪



トレス台のつもりが……。

どうも、陸皇さんです。

前回の追記の通り、先に工作の方が終わってしまったのでこちらから
記事を書かせていただきますね。

ステッカーやアクリル痛などで避けて通れないのが切り絵です。
や、それがメインなので、それやらないと始まらない訳ですが、
その作業を行う際にステッカーを切るほとんどの方が、必ずと
言っても過言ではない工程があります。
切った後の出来栄えを確認する作業。つまり『透かし』ですね。
で、ブログにステッカーないし、切り絵を乗せてる方で、作成経
過の写真を撮るのって結構面倒(大変)じゃないですか?
私は、スタンド(ジョジョではないw)持っていないので、普通に
部屋の灯りを使って透かしているのですが、そうなると作品を
片手にもう片方をカメラ。で、天井にそれを掲げるようにして写
真を撮る訳です。
片手なので作品は湾曲して写りがよくないし、手振れで何枚か
撮らなきゃいけないし首疲れるしで意外に手間だったりします。
コレ何とかならないかなぁ、トレス台欲しいなぁ。
と、常日頃から考えていました。昔、私がイラストやマンガ主流
でやっていた時はトレス台持っていたのですが、LEDが寿命、
そして諸事情で描かなくなったってのもありトレス台がない。
そうなればもう解りますよね?

「無ければ作ればいいじゃない!」

そんな訳で作っていきたいと思います。
さて、まずはアイデアなのですが、色々考えてみた結果、ここ
2週間くらい前に知った『痛部屋』さんが作成された物を元に
する事にしました。

厚さ1mm、奥行・高さ15mmの幅1000mmのアングルを2本
と、アクリル丸棒φ3 1000mmを4本、クリアタイプの樹脂ア
ングル 幅1000mmを1本をホムセンで購入。
それと100均で購入したA4サイズのフォトフレーム。
まずフォトフレームの写真を押さえる板の外寸を測り、アング
ルをカット。この板にアングルが4辺隙間なくを収まるように
色々細工して、ケーブルの取出し穴を加工してからスーパー
Xゴールドで接着していきます。

DSC_0288.jpg
アングルカット後のグラインダーで指を抉ってしまい肉まで
削ってしまった^^;


白色LEDは600mmの物を購入していたので今回は長い
方のアングルの側面に貼る事にします。
で、300mmでカットして気づきます。内寸の存在に^^;
5mm程詰めなきゃダメじゃん!って事で、詰めた結果……。
試点灯した時にLEDが3つ点灯していない罠。
どうやらカットしちゃいけない領域に達していたらしい。
白色LEDはこの600mm分しかなかったので、泣く泣く260mm
(LED3つ分)でカットして作業を続けました。

DSC_0289.jpg
止血しながらのドリル作業はなかなかに厳しかったです。

DSC_0290.jpg
LEDテープも貼っては剥がしと粘着力もなくなってしまい、
何度か両面テープを貼りなおす作業も……。

次にパイプカッターで丸棒を204mmでカットしていきます。
(今度は内寸+LEDの厚み分を考慮してますw)
クリアアングル(樹脂)を267mmでカットし、LEDが来る位置
でφ3のピンバイスで穴を明けていきます。(ちなみに穴をあけ
るは『開ける』ではなく『明ける』が正しい使い方らしい)
で、棒をアングルにセットしていく。

DSC_0298.jpg
この穴明け作業が一番大変だったかもしれない。

DSC_0299.jpg
LEDとの位置合わせも考慮しないといけない。失敗=買直し
となるので慎重にやりました。

グルーガンでアングルを接着し、フォトフレームについていた
ガラス板で蓋をしてからスーパーXゴールドでアングとガラス
板を接着して完成!

DSC_0301.jpg
この段階で少し嫌な予感が……。

うん、イマイチ明るくない。
う~~ん光量がたりないのかなぁ?でも単純にLEDを残った
2つの側面に貼っても丸棒を格子状にするアイデアや技術
ないしなぁ……。

DSC_0302.jpg
嫌な予感的中です。ちなみに切り途中のSAOⅡ
ネタバレになっけどオフ会で数人見てるからいいよね?


で、結局こうしましたw

DSC_0304.jpg
トレス台だった物の上にクリアファイルのせてフレームを
乗せただけw


そうなるとクリアファイルを止める為のガラス板は使ってしまっ
たから、代わりになるものを作らなきゃいけない……。
って訳で、100均へれっつらごー!
硬質カードケースB4サイズを購入し、作業を再開する。
ガラス板と同じ大きさにカードケースをカットし、これをガラス、
トレス紙2枚、クリアファイル、カードケース(カット後)の順で
フレームに収める。
本来板を止めるクリップを+ドライバーで取り、余ったアング
ルを15mmでカットし、ネジ穴部を隠す位置で元トレス台の外
側面にスーパーXゴールドで接着。
ドリルでネジ穴部を目がけて穴を明けて、クリップを止めていた
ビスで固定して完了です。

DSC_0284.jpg
クリアファイルを切ってフレームに閉じられるようにします。

うん、そうだね。作品の違う空気読めないヒロインがいるね。
そんな訳で、トレス台作成は諦めて予定変更となったLEDライ
トパネルへと変貌しましたw

DSC_0310.jpg
何かを訴えてる翼さん。

DSC_0308.jpg
トレス紙を挟むと赤みが取れて落ち着きのある色合いに。

そうそう。先週の土曜日のオフ会にプレゼントしたグッズ。
何気に『痛部屋』さんがほとんどやっていた事だったのね……。
まあ、100均で購入できるものって考えれば自ずと考える事は
似たり寄ったりになるのかもしれません。
痛部屋さんのオイル時計の記事も14日、私がプレゼントした砂
時計もオフ会である14日。きっと作成時期も似たり寄ったりだっ
たのかもしれません。ただ、私は砂時計の方が面白そう(角度
を使った鏡面で合わせ鏡のように見える)だったのでオイルでは
なく砂時計を採用しましたが、当初はオイルで予定してたんです
よね。
サプライズプレゼントって事で、写真は無いですが、黒羊さんが
現物をアップしてくれるかな?(チラッ

DSC_0311.jpg
ねんどろいどで作成過程を彩るのはいいけどポーズとか変えな
きゃだから大変だ。


まぁ、冗談はともかく、トレス台はもう安いのを買う事にしました。
いずれリベンジしたいとは思うのですが、光量をなんとかする為
のアイデア次第って感じになるのかなぁ。
ま、それはおいおい考えるとして、前回オフ会の記事で書いたっ
けな?書かなかったっけな?ま、いいや。
1つ報告というか発表があります。痛趣味さんでも発表されてい
る通り、同じ切り絵師が同じ絵を切った時にどう表現(主に明暗
の処理等)するんだろうね?っていう話から実現したイベントです。
私、takubomay55さん、sab55さんの3名が、物語シリーズの阿良
々木月火ちゃんを題材に今月末を期日として切り上げて見比べ
るってのをやります。
先日メールで送られてきた画像をA4で印刷して思わず笑ってし
まいました。だって、あまりにもあんまりなんだもの。
これ、白黒2色でどう切ってくのよ!とりあえず今週はどう切るか
吟味して来週から切り始めようと思います。
完成後の発表をお楽しみに!




──次回予告──


昨日、SAOⅡを切り終えたので、今度こそ次回はステッカー
でアスナ&ユウキを記事にします。
それと更に次の予告も。ステッカーの次は工作。
──と、言えるか怪しいですが、グッズ系ですね。カードケー
ス購入時に面白い物見つけたのでそれで遊んでみようと思い
ます。LEDキャンドルとイルミネーションスタンドを一工夫して
みようかなと思うので併せてお楽しみに!








~~おまけ~~

ぴんぽんぱんぽ~ん♪
業務連絡~
本日のおまけはネタがなかったので次回に持越しとなります。
ネタが入荷され次第随時投下されるので関係者各位搬入に
備えてください。繰り返します。
本日の──────。




オフ会!

こんにちは、陸皇さんです。

昨日は痛趣味さん主催のオフ会に参加させていただきました!
10時30分頃に秋葉について、カフェでおやつにホットサンドとコーヒー
をいただいて、50分頃に待ち合わせであるガンダムカフェ前に到着!
違ってたら恥ずいなぁと思いつつ、オフ会のメンバーであろう一行に声を
かけて合流しました。

参加者はこちら
takubomay55さん:痛趣味物語~いたしゅみ~
ヒデ王さん:満身創痍
黒羊さん:黒羊の雑記帳(ver.3)
ピンちさん:某局員のグダグダ日記
栗栖紗那さん:午睡の夢商店 -ライトノベルはじめました
布蔵さん:布蔵の布でフィギュアを作る日記
sab55さん(tuwitter)
かまーちょさん(tuwitter)
磔さん(tuwitter)


内、数名は後ほど合流という話でした。
とりま、簡単に名乗ってから秋葉の街を散策し、各々行きたい店をみん
なで巡りました。
その後、昼食をとる為にデニーズに入り、待ち時間に簡単な自己紹介を
済ませ、各々趣味やアニメや漫画談義に華を咲かせ、デニーズを出から
ブラブラする。おやつにケバブを貪ってからカラオケの予約時間に近づい
たのでアドアーズへ!3時間の内、半分位は歌うより作品の鑑賞会や実
演、談義してたんじゃないかなぁ?残り半分で熱唱しました!

DSC_0293.jpg
布蔵さんのブログをオフ会前日に拝見させてもらい、写真ではあるけども鳥肌
立ちました。現物をみせていただいて更に職人魂を見たきがします。
いや、布の生地と肌がすごくマッチしてるのよ。指だとか足だとかすごく質
感が上手く再現されてます。


実は、何かサプライズしたいなぁって思って、この日の為にいろいろグッズ
をチマチマ作っていましたw
なので、写真等一切とってないのでここでは載せられません。
──が、きっと誰かが今回のオフ会の記事で写真が載る事でしょう(他力
本願w)作ったのは、簡易スタンドライト3本に痛風鈴1個、痛砂時計2つ。
これを採点順でプレゼントできればなぁと考えていました。で、当日takubo
さんにコッソリその話を持ち掛けてサプライズ企画を終える事が出来まし
た!

一位
takuboさん(ライトスタンド)

二位
ヒデ王さん(ライトスタンド)

三位
sab55さん(風鈴+砂時計)

四位
黒羊さん(砂時計)

ブービー賞
栗栖紗那さん(スタンドライト)

あれ?ブービーってどっちの基準だろ?
最下位?それとも最下位から2番目?ま、まぁ、その基準はtakuboさん
(主催者)の判断でいっかw
なので、4位とブービーは曖昧ですw
ぶっちゃけ一緒に熱唱したりお話したり切ったりしてたのであまり順位
を把握せてなかったんだよね^^;
皆上手かったから誰が高得点だしてもおかしくなかったし^^

カラオケの後はヨドバシに向かい、ヒデ王さんがプラモを購入。
絵を描くための資料らしいけど、絵の為に資料を買う。
一見当たり前のように見える事ですが、なかなか実践する・できる人は
少ないないでしょう。特に今じゃネットで簡単に、且つお金をかけずに画
像が手に入る世の中ですから。
こういう方の姿勢を見ていると本当に頭が下がると同時に尊敬します。
ヨドバシで用事が済んでからは夕食を摂りに一旦神田まで移動。

から揚げ食べ放題のお店で舌鼓を打ちながら、各々会話を楽しみます。
途中、かまーちょさんとsab55さんが仮面ライダーの話が盛り上がり、両
者の間に挟まれたtakuboさんが話がついていけず、困惑していたのが
印象的でしたw

DSC_0294.jpg
店員呼ぶためのベルは無く、鶏のブーブー無く人形で呼ぶという面白仕様。


次に串焼き屋へ入り、宴(談義)は更に深まります。
先程も書きましたが、ヒデ王さんのプラモ(資料)の話や、前会場で挙が
った同じお題で切り絵を行うという題材の打ち合わせなど、小説の1次・
2次の作り安い所とそうでない所。他にも興味深く、そして尽きない話を
主張、拝聴させていただきました。

その後、takuboさんはコインロッカーへ預けた嫁を迎えに、秋葉へ寄って
から帰宅するとの事で、私はここで皆さんと別れました。
中央線で終着駅である高尾駅まで座って小説を読んでいたのだけど、途
中で寝落ちしていたらしく、気づくと八王子だったw
高尾駅を出て、時間を確認。23時15分。
だめだこりゃ、深夜バスなくなってーらw
しかたないのでタクシー……。

──は、使わずに嫁に迎えに来てもらうことにしました。
だって車で20分位なのに3千円近くかかるのは阿保くさいでしょ^^;
待っている間、小腹がすいたのでファミマでオニギリ3つ買ってパクつきな
がら一服。
寒さに凍えながらのアイスは格別だったw
嫁タクシーに回収され、無事帰宅。軽くシャワーを浴びてから布団につき、
今日あった出来事を反芻しながら意識を手放しましたとさ。

おしまい。



ヒデ王さんとはカラオケでなつメロを絶唱しw
布蔵さんとはライトアップ(電気・電子系)や素材で盛り上がり、
ピンちさんとはバイク話でw
栗栖さんとは小説の(創作や設定etc)話で串を食べながら
楽しく拝聴させてもらいました。
sab555さんごめんなさい。仮面ライダーすこし勉強しておきますw
全員と万遍なくお話する事はできませんでしたが楽しい時間をありがとう。
また機会がありましたら参加させていただきたく思います。



──次回予告──

腰痛で一週間ほどまったく作品に手を付ける事が出来ず、SAOⅡの
完成が間に合いませんでした。
ですので今現在切ってある所までを次回UPしたいと思います。
プレゼント用の簡易ライトスタンド作成も、材料が若干あるので、いず
れ記事に載せたいと思います。その時はハンダを使わない配策で行
いたいと思うのでtakuboさん必見ですww
それでは、恒例?のおまけで〆たいと思います!













~~おまけ~~


DSC_0297.jpg
買ったアイスは千本桜・めろんくりぃむそーだばーですw





──追記──

あぁ、次回予告に変更を……。
SAOⅡより先に先程1つ工作方面で1つ仕上がってしまったので、
次回は工作でお願いしますw




プロフィール

御影 陸皇

Author:御影 陸皇
はじめまして。
ブログ管理人の陸皇です。
痛グッズ、小物などの作成か
ら、バイク、ツーリング、ア
ウトドア、キャンプ等々をタ
ーゲットに、浅く広くやって
いきます。

リンクはフリーです。
一報くださる方はこちらもリ
ンクしちゃうんだからねっ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

満身創痍

布蔵の布でフィギュアを作る日記

痛趣味物語~いたしゅみ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。