FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話 ──工作──

どうも、陸皇さんです。

先日記事を上げたばかりですが、諸事情により緊急で記事を上げる
事にしました。
いたしゅみさんで上げられている写真を私のブログで上げていない
のはどうかと思った訳です。
あの写真見て来てくださった方がガッカリするかな?と考えたら、無
理やりにでもやるっきゃないでしょ?ww


──とは言ったものの、その写真一点だけってのも味気ないので、
ここで1つ久々に工作のネタでも出します。
まあ、工作と言えるほど何かする訳でもないのですがww
ま、とりあえず例の写真からいきますかね。
まだ試作段階ではありますが、『LEDフィギュア台』兼、『LED痛ック
ホール』としても使用できる1粒で2度美味しいグッズから。


DSC_0762.jpg
オフ会で紹介したまど★マギですね。完成イメージとして簡易的に
作りました。


DSC_0762_1.jpg
狙いはこの無限に映し出されるようなLED+まどかですかね。

このLEDブラックホールは検索かけると色々HITする結構知られた
技術みたいですが、元々(かどうか判りませんがw)車のライトアップ
系が始めらしいですね。
で、これを一工夫していつか何か作りたいな~とずっと温めてきたの
ですが、その一工夫ってのがつい最近ようやくでてきまして、それが
ブラストした絵をLEDで光らせつつ、夢現反射できるのでは?
っていう所から試作してきました。
今週末位に完成できればなぁって思ってます。
その制作過程は、ちゃんと記事として扱いますので今しばらくお待ち
ください。



さて、それではこっから今回のカテゴリの工作に入ります。
つっても、冒頭で描いたように特に難しい事はしませんw
どちらかっていうと、安くとある物の代用品を作るってだけです。
まず、用意していただくものは、100均のフォトフレームと断熱
ミラーシート(車用でも家の窓ガラス用どちらでもいいです)
これだけ。
あればいいな~っていうアイテムは、スキージーですかね。

DSC_0759.jpg
ダイソーで売られているやつです。

さて、フォトフレームですが……。
ここで1つ注意点があります。
使用目的でフォトフレームを吟味する必要があります。
その使用目的は後で紹介するとして、まずは私の目的にそった方法で
説明します。
まず注意するべきは商品のどこかに大抵あるラベルの表記にあります。

DSC_0760.jpg
大抵の商品に付いているこのラベル。食品だったら成分表とかが
これに当たりますね。


まず材質の欄にガラスがあるかどうかです。
私が調べた中では、ガラスの代わりにPPとかあるのですが、PPは
先程の使用目的のもう一つの方で紹介します(くどいw)
ちなみにフォトフレーム(ガラスのやつ含め)は200円verもありますが、
安くあげるってのがコンセプトなので、ここでは100円のを。
で、開封してからガラスを抜き取り、断熱ミラーシートを貼り付けます。
まあ、貼り付け方はシートの包装に書かれているし、ネットで調べれば
すぐでてくるのでここでは割愛します。
ただ、ここで1つ霧吹きに関してのみ書いておこうと思います。
フィルムやステッカーなど、過去に色々貼り付けている訳ですが、霧吹き
は家庭菜園で使っている物か、コスメ用のアトマイザーを使って霧吹き
しています。
これを使うと綺麗にいく!
っていう訳ではないですが、水滴が少ないほど後々楽だからっていう理由
で使っています。
カビキラーの使い切った容器だとかそういうのでもいいんですが、そういう
のって意外に霧の水滴の粒が大きいんですよ。水滴が多いと貼り付ける面
は霧というよりは、最早水たまりですよね?w
そうなるとフィルムをスキージーでしごいたときにビチャビチャになってしま
います。まあ、本来の使い方(車の窓ガラス等)は外でやるものですから問
題無いのでしょうが、痛グッズ作成は大抵部屋です。
なるべくなら部屋を汚したくないし、後片付けも楽な方がいいじゃないです
か?だから霧の水滴が細かいタイプのを陸皇さんは使っています。
ま、リスクは貼り直しというか位置合わせがし辛い点ですかね。
メリットは水分のふき取りや放置時間が短い事。
完全にシールされるには約一日の時間が必要です。水使っているから当然
乾かない(水を抜かないと)接着力が弱いですからね。

DSC_0758.jpg
こんな感じでフィルムを貼って、余った部分はカッター等で切り除きます。

さて、綺麗に貼っても避けられない部分が1つあります。
それはフィッシュアイの存在です。
セロハンテープやこう言ったフィルム系には生産時に必ずできて
しまうポッチがあります。
これを業者はフィッシュアイと呼びます。魚の目ににている事から
名づけられたらしいですが、陸皇さんが派遣会社に勤めていた時、
有名な写真のフィルムを作っている○ニカでレントゲン用の物を
作っていました(そのフィルムはレ○アスっていう機械を使って見る
んだけどね)
そこでもこのフィッシュアイはかならずあって、これを避けて製品を
作っていました。
少し話は反れましたが、とにかくこいつが断熱ミラーシートにも存在
します。ですから、本当に綺麗に貼りたいなら練習はもちろんですが
このフィッシュアイにも気をつけなければなりません。

DSC_0761.jpg
フォトフレームに戻せばA4サイズの鏡が完成!

もう解りましたね?
鏡を安価で作る試みです。
ま、100均の鏡でもいいんですが、意外にA4サイズってないし、
あってもデザインがよくないんですよ。
なので、自作!
値段は一枚当たり216円!
内訳はこんな感じ。
断熱ミラーシート50㎝×1.5m  税込1080円
フォトフレーム A4サイズ      税込108円

このサイズのミラーシートなら丁度10枚分作れるので、お手軽な上に
お手頃です。
で、ガラスに拘った理由はサンドブラストですねw

さて、後回しにしていた用途の話。
PPではどんな事に使えるでしょうか?
まずは普通に鏡として使いたければガラスでもPPでもどっちでもいけ
ると思います。そもそもミラーシート自体でちゃんとした鏡並の出来栄
えにはなりませんからw
で、痛グッズでは何が作れるのか?
ステッカーを貼り付けて(ブラスト持っていない人などいいかもですね)
飾るとかですかね?
フォトフレームに少し手を入れてやり、ライトアップパネル(過去記事参
照)の様にしてやり、フィルムを貼ったPP、もしくはガラスの内側にイラ
ストや痛仕様クリアファイルを挟めば、通常は鏡、LED点灯でライトアッ
プパネル──なんていうのもできます。
アイデア次第でもっといいのができるかもですね!
そんな訳で、工作と言うには烏滸がましいですが、時間ができたら今回
作ったこの自作ミラーでブラストをしたいと思います。
その場合は過去に切ったステッカーから1つ選んでブラストしたいと思い
ます。

それでは、今回の閑話はここまで!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

発想がすごいですね~(>◇<)❤
よくかんがえるにゃ~(>ω<)❤
綺麗な鏡ができましたが、この先が楽しみです。わくわくッ❤

水貼りの極み!

急遽の更新になってしまい申し訳御座いません!完成したものをオフ会で早く拝見させて頂きたいです!

そして水貼りの方法もとても勉強になりました!あれだけが全然うまくいかず洗剤を入れるといいと書いてあったのですが泡が抜けず、水も上手く抜けないと散々でした〜細かい霧吹きがいいのですね!そしてフィッシュアイというまさかの生産時のトラップもあったとは〜!

私の知りたかった記事でした!ありがとう御座います〜!

プロですね。

陸皇様 今回の記事、凄すぎです。Σ(゚д゚;)
重要な事を教えて頂きました。m(_ _)m
確かに100金ではA4の鏡って同じ感じのしか無いんですよね。
これならA4以外にも使用出来ますね。
PPなら震災対策にも使えそうですね。O(≧▽≦)O

さてさて……

amyさんへ

とりあえず鏡作ってブラストするつもりだけど、いいアイデア
が出てきたら変わるかもw

毎回こういう感じで閃けばいいんですけどね~ww
何時になるかまだ未定ですが、この鏡を使って作品を作り
ますので気長におまちくださw

最後はタオルで扱いて完成!

takuboさんへ

大体500mmの容器で洗剤は2~3滴くらいです。
洗剤が多すぎると水を抜いても洗剤のぬめりで全く張り付か
なくなります。
霧吹きで貼りたい箇所全体に細かい水滴が付く感じで吹いて
いき、フィルムの糊面にもなるべく指紋が付かないようにして
から貼ります。スキージーで最初は中央から外に向かって
扱いていくんですが、一回目は力を入れず、全体の水を抜い
ていきます。で、2回目からは本格的に水泡をフィルムから追
い出すイメージで少し力をいれて扱いていきます。
それでも抜けきらない水泡はマチ針などで抜き、その箇所は
軽めに扱いて出来栄え確認。
あとはくり返しの練習ですねww

テストを重ねて

ヌノゾウさんへ

驚いてくださったようでこちらも嬉しいです。
目論見がちゃんと上手くいったってころですからね~。

実はこれの試作品を作る上でかなりテストしています。
ちゃんと無限反射されるのか?
LEDブラックホールの光でアクリル板の絵を光らせる事
ができるのか?etc……。
本来ならアクリル板を縦て、その下から光を当てるのですが
今回は構造上そう言う訳にもいかなく、自分の考えがちゃんと
正しく行くかどうかのテストを行いました。

で、成功と失敗を重ねて最良な方法で試作したのがまどマギ
の写真ですね。
試作と言っても、これ乗せただけですのでちゃんと組めばもっと
綺麗に見える筈です。

鏡を作ったのは、このまどマギを作っている間に思いついたこ
とです。
原理は合わせ鏡で、ミラーシートの特性を最大限に生かした
作品となれば、鏡を作る……というのも自ずと導かれた結果。
ただ、フォトフレームで作るっていう考えはその時には閃いて
おらず、たまたま余っていたフォトフレーム(ライトパネルで買
った余りというか、失敗してもいいように余分に買ったのがあった
のを思い出した)を使えば、木製のフレームがまんま鏡(既製品)
に近くなるよなぁ……って所が始まり。
記事でも書きましたが、コレ、発送次第で色んなグッズに化ける
様な気がするんで、活用できそうなら是非作ってみてください。
制作時間はフィルムをA4サイズに切って貼って余り代を切って
……。と、10分位ですのでww
面白い使い方あったらブログに乗せてね!
楽しみにしています(期待を込めた目線でwww)

プロフィール

御影 陸皇

Author:御影 陸皇
はじめまして。
ブログ管理人の陸皇です。
痛グッズ、小物などの作成か
ら、バイク、ツーリング、ア
ウトドア、キャンプ等々をタ
ーゲットに、浅く広くやって
いきます。

リンクはフリーです。
一報くださる方はこちらもリ
ンクしちゃうんだからねっ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

満身創痍

布象の布でフィギュアを作る日記

痛趣味物語~いたしゅみ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。