FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルランプ→ライトスタンド(プス夫)→融合→ランプスタンド? 其の二

心が折れそうです。
折角8割書き上げたのにミスって記事が消えました。><
再度書き直しです。


──30分後──


さて、少しだけ立ち直りました。
同じ文章が書けるかわかりませんが、改めて!

成田山の交通安全祈願含めた初詣にいきました。
行きは湾岸幕張PAで休憩をとったのですが、旧車会が……。
去年も確か出くわしたきがします><
休憩を済ませていざ!って時に、旧車会と出発が被るorz
なんなんですか!すごいデジャヴですよ!
ええ、去年も同時出発でしたよ。今年もあの嫌な雰囲気で
走らないといけないの?3車線の隅でトコトコ走って並走せざる
得ない陸皇さん。はぁ、なんだかな。
オートサロンのせいか渋滞すごいし踏んだり蹴ったりですよ。
んで、なんとか成田山ついて、バイクを止めて参拝。

DSC_0183.jpg

DSC_0185.jpg

DSC_0184.jpg

人混みに酔いそう。
ってか、人多い!元旦から10日も経ってるのに、並び始めて
賽銭箱にたどり着くまでに小一時間かかりました。
今年一年穏やかに過ごせますように。無事故でありますように……etc。

で、その後はうな重食べて帰りにお台場を少し走って帰宅しました。


うん、一度書いた記事よりかなーり端折ってるけどま、いいかw
さて、では工作の続きです。

前回の懸念事項である溝の対処はパテ埋めで対応。
ステッカーの遮光性は確認した結果、問題なし。
ってな訳で、パテで埋めます。

DSC_0172.jpg
盛るぜ~超盛るぜ~~♪

一日硬化させ、引けた部分を更に盛り、また一日硬化。
次はサンドペーパーで余分に盛った部分を落とします。

パキッ!

…………
………
……


オー!ノー!だズラ。溶かして切り取った部分から割れたズラ!
考えるまでもなく作業工程間違ってるよね。
いくら後でパテ埋めしようと考えたからって、先切っちゃうのは
マズイよね……。ってことでリテイクです。
ダイ○ー行ってフィギアケース買いなおしてきました。
それとたまたま見かけた新アイテムも購入。

DSC_0181.jpg
#240のペーパーで整形した後の仕上がりです。

さて、パテ2度硬化後までスキップします。
今回は切り取ってません!同じ轍は2度踏まない陸皇さんです。
ここからペーパーをかけていきます。#240・300・600・800・
1200とかけていき、表面の面精度を整えます。お遊びでこの後
ピカールをつかってバフもかけましたが、#1200程度じゃクリア
にはならず、半透明程度でした。表面はステッカー貼るので、ある
程度面精度でればいいと思います。

DSC_0182.jpg
余談だけど、ピカール無い人は、歯磨き粉で代用できます。
ベトベトになるけどね^^;


一度ケースを洗い、水気をとってから、LEDスタンドで使う切り口を開
けます。
ケースを買いなおした時に見つけた新ツール。リューター用のミニホイ
ールソーで開け、霧吹きのボトルに水、中性洗剤を1・2滴いれて混ぜる。
んで、断熱ミラーシートの台紙を剥がしてから霧吹きし、空気が入らない
ようにフィルムを貼り付けます。側面と天面を包み込むように貼り付けたら
適当な長さでカットし、底面はきっちりと切ります。

DSC_0161.jpg
カーショップで買ったカッティングシート 黒マット地

カッティングシートを天面、側面、後ろ側面に貼り付け、LEDの切り口を切
り取ります。
※フィルム同様カッティングシートも霧吹きして空気が入らないようにします。
ここで手を抜くと出来栄えに関わるので慎重に!

DSC_0186.jpg
前から

DSC_0187.jpg
後ろから

カッティングシートはドライヤーで温めながらスキージーで貼り付
けていくと完成度が高くなります。温められたシートがR面に馴染
みやすくなると同時に、糊の粘着度が増します。
これで大分形ができた所ですが、このままLED等電装関係の処
理に移るのもなんか味気ないなぁともう一捻りいれたいです。
で、考えたのがライトアップさせる絵を入れ替えるのにケースを
開閉し易くしたらどうかなぁと、蝶番を付けてみることにしました。
さて、みなさん。蝶番と聞くとドアに使っているイメージで金属製
を思い描きませんか?でもですね、こんなのもあるんです。

DSC_0188.jpg
アクリル用蝶番

樹脂に接着して使う蝶番です。
これはメチレンやアセトンなどの溶剤で付けるタイプで、字の通り
樹脂を溶かしてくっ付けるという単純な仕組みです。
ラッカシンナーでプラが溶けるあの手の類です。
まあ、DIY パイプラックや棚などを作った事がある方は説明は
いらないと思いますし、それで代用できるとおもうです。

DSC_0173.jpg
ミョ~~~ンと優しく引っ張ります。

さて、この溶剤を買うと、スポイトが一緒についてくるのですが、
ここで一工夫というか、加工します。
ライターの火(青い火)でスポイトの先端1cm離した所を炙って
いき、溶ける手前のフニャフニャになった所で先端をゆっくり引
っ張り、細くしていきます。適当な所で息を吹きかけて冷まして
硬化させ、カッター等で切ります。こうする事で口は細くなり、
別売りの注射器(シリンジ)を買わなくても細かい作業が可能に
なります。ちょっとした小技なのでお試しあれ~

DSC_0174 1
加工したスポイトで溶剤を吸引して……。

DSC_0189.jpg

蝶番を貼り付ける部分のカッティングシートは切り取り剥が
します。
剥がしてから、アクリル痛でもお馴染みのクリーナーで糊を
取り除き、蝶番をあてて溶剤をスポイトで流し込みます。
10分位放置して……。

DSC_0190.jpg
上手くやらないと失敗後のリペアは相当難しい。

ひとまず完成です。
底面から飛び出している部分はヤスリ等で削り、整形します。
今回の記事はキリがいいのでこの辺で終わりです。
なにしろ失敗したのが痛かった。硬化させるのに日数を使う
ので、時間が空いてしまいました。
次回はいよいよ電装系の着手です。上手くセンサーが動作
する事を祈りましょうかね。



それでは、次回も工作。テーブルランプ→ライトスタンド(プス
夫)→融合→ランプスタンド? 其の三でお送りいたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

御影 陸皇

Author:御影 陸皇
はじめまして。
ブログ管理人の陸皇です。
痛グッズ、小物などの作成か
ら、バイク、ツーリング、ア
ウトドア、キャンプ等々をタ
ーゲットに、浅く広くやって
いきます。

リンクはフリーです。
一報くださる方はこちらもリ
ンクしちゃうんだからねっ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

満身創痍

布象の布でフィギュアを作る日記

痛趣味物語~いたしゅみ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。